読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google for Entrepreneurs Tokyo 2012で表彰されました!

9月26日(水)にGoogleが主催する、Google for Entrepreneurs Tokyo 2012という
スタートアップイベントに行って来ました。


まぁ...、全世界で開催されているスタートアップを支援するイベントですね。

当日はDeNA共同創業者の川田さんの講演、ピッチと並行して別部屋でGoogleのProduct紹介、表彰式、
PM Directorのケントクさんのスピーチという流れ。
メインコンテンツはスタートアップ12社によるピッチです。
幸いザオリアは事前審査を通過して、この12社の中に選ばれました。


エレベーターピッチの審査員は以下の通りで、とても豪華な顔ぶれにちょいとビビりました。
・川田尚吾氏(株式会社ディー・エヌ・エー 共同設立者/エンジェル投資家)
・高宮慎一氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー)
・徳生健太郎(Google 製品開発本部長)
及川卓也Google シニア・エンジニアリング・マネジャー)
・賀沢秀人(Google シニア・エンジニアリング・マネジャー)


そして、栄えある舞台に立てた参加企業は以下のとおりです(G4EW Tokyo2012 アジェンダより抜粋)。

a. イデアリスタ㈱:MYTRACKs
b. ㈱we-b:log
c. U-NOTE㈱:U-NOTE
d. ザオリア㈱:Launch App
e. TraveRing:TraveRing
f. Azcrap:ReeP
g. trippiece:trippiece
h. Orange㈱ :TRIPRO
i. 軒先㈱ :軒先パーキング
j. ライフスタイルデザイン :8ppy
k. イベントレジスト㈱ :EventRegist
l. ㈱落し物ドットコム :落し物ドットコム


顔ぶれを見て、スタートアップ界隈を賑わせている企業が数社やはり出てきています。
この中にいるイベントレジスト社はGoogle出身者が作った会社で、しかも私と同じ部署にいましたww

エレベーターピッチを見ていて、思ったのが3分間という短い時間の中で、「誰の」「どんな問題を」
「どのように解決するのか」を端的にプレゼンしなければならず、資料の見やすさ、スピードやリアル感、
何がしたいのか、というのは聞いていて各社差がありました。
KeynoteやPreziのプレゼンツールで綺麗に着飾っても、本質は上述した3つに尽きると想います。

ちなみに当社は「Andoridアプリディベロッパーがアプリをリリースする前にユーザーが本当に欲しいアプリなのかを
ヒアリングでき、クラウドソーシングでフィードバックが貰えるサービス」という流れでピッチしました。

さて、12社の中から5社が表彰対象となります。表彰は各審査員が1社づつ良いと思った企業を決めていく方式なのですが、なんとその中にLaunchAppが表彰されました!
当社はグロービス・キャピタル・パートナーズの高宮さんに選んで頂きました。

受賞理由は
1. ビジネスモデルが面白い
2. ユーザーのインセンティブ設計が上手い
3. 成長市場に目を付けている
4. マネタイズが見えている
5. 顧客の問題が明確

....と言ったあたりでした。
もしかしたらグローバルに展開出来る可能性がある、ポテンシャルを感じる、とコメントを頂きました。
そして、表彰された企業には25日に発売されたNEXUS7を頂戴しました!

(ヤッター!会社の検証機として使わせて頂きます。ありがとうございました!)


イベント終了後は参加者同士の交流会があったのですが、この時は審査員の方に
LaunchAppのアドバイスを頂いていたので、他の起業家と交流が出来なかったのが心残りです。
特に川田さんからはビジネスの課題も指摘してもらい、近いうちに報告の機会も設けていただくことになったので、
今後が楽しみだと、一言頂戴しました。

どんどんLaunchAppのユーザーを増やしいてき、アプリ開発者さんの期待に答えられるサービスにしていきたいと思いました。
最後に素敵なイベントを主催してくれたGoogleとG4EW Tokyo運営スタッフ(元同僚たち)に感謝します!